出世基礎「土地分け丸®」

特許取得の土地境界・基礎ブロック

新製品リリース!
土地境界ブロックとして、ブロック塀基礎として、フェンス基礎として多種多様に使用できる「土地分け丸®」を発売開始しました。

宅地造成や住宅新設の際の境界ブロックとして敷設できます。またその後、ブロック塀を上部に積む際には専用の鉄筋を差し込むことで、安全なブロック塀を建築することができます。もちろん、フェンス基礎としても使用が可能です。

  • ブロック塀基礎として、建築基準法準拠の基礎です。
  • コンパクトなI型と、敷地高低差・勾配に対応したL型をラインナップ。
  • 鉄筋継手部は公的試験機関にて強度試験済みで安心。
  • 特許取得で優れた構造。
  • 最小サイズでは人力施工も可能。
  • 製品同士もピン接合で安定した施工・築造。
宅地造成での使用例
建築基準法準拠のコンパクトなI型
鉄筋継手部の引き抜き強度確認済み
防錆処理された鉄筋で安心

今までになかった「出世基礎」

宅地造成において、土地境界は現場打コンクリートで行うのが一般的でしたが、その後土地を購入した施主がブロック塀を積めるように法令に適合した基礎として構築されることは通常ありませんでした。

この問題を解決できるよう、後から防錆処理された鉄筋を接合して安全にブロック塀を積めるように「出世」できる基礎として開発されたものが「土地分け丸」です。

また、プレキャスト製品で建築基準法を準拠したブロック塀基礎も今までになく、さらに特許も取得しており、安心して使用することができます。

敷地勾配に対応する土地分け丸®L型

「塀のねっこ®」開発社によるブロック塀基礎でブロック塀の主要問題をすべて解決

当社はブロック塀による災害を憂慮し、基礎一体型プレキャストコンクリート塀「塀のねっこ®」を開発しております。ブロック塀の問題は、主に「基礎」と「鉄筋」にあり、適切な基礎ではないこと、及び鉄筋の腐食により倒壊・転倒が発生しています。

よって当社としてブロック塀基礎を開発するにあたり、基礎の形状だけでなく鉄筋も含めた開発を行い、その安全性を確保できるように致しました。

鉄筋引き抜き試験風景

製品ラインナップ

製品ラインナップはL=2000の標準品と、ブロック塀割付で必要となる端部品を用意。L型はご要望に応じ高さ800以上も対応できます。
また、上部に設置できるブロックの段数は根入れと地盤条件によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

形状種類高さ
(mm)
幅・厚
(mm)
最小
根入れ
(mm)
長さ
(mm)
重量(kg)参考最大
CB段数*
参考
CB高*
(mm)
I型標準35015030020002523~6800
350150300400503~6800
端部35015030018002273~6800
L型標準50015030020006304~61000
60015030020007023~6800
70015030020007743~6800
端部50015030010003154~61000
60015030010003563~6800
70015030010003873~6800

*)根入れ量が増えると段数を増やせます。但し最大地上高1.2mまで
*)根入れ300mmの時のコンクリートブロック積高さ

出荷されたI型とL型

防錆鉄筋ラインナップ

防錆処理された鉄筋をブロック塀の高さに応じて用意しております。

用途鉄筋径鉄筋長さ(mm)
CB 1段用D10325
CB 2段用D10525
CB 3段用D10725
CB 4段用D10925
CB 5段用D101125
CB 6段用D101325
土地分け丸に接続後、頂部を90°に曲げて使用します

お問い合わせ

製品の見積・発注・施工方法など、お気軽にお問い合わせください。

    法人/個人
      法人個人


      

    は必須項目です。
    スパム対策により送信できないことがありましたら、お電話にてお気軽にお問い合わせください。